私だけの美のルール

 

30代後半からのアンチエイジング

30代も後半となり、最近肌の艶と張りが少しずつ足りなくなってきたと感じていました。使用している化粧品に問題があるのか、どうしたら肌の状態が良くなるのか毎日のように悩んでいました。そんな時雑誌でちふれのオールインワンゲルのモニターを募集しているのを見つけ、すぐに応募しました。そしてある日モニターに当選し、無事にオールインワンゲルが私の手元にやって来たのです。

 

その日の夜から早速顔のパック用として使用しました。そうすると次の日の朝になって顔全体がプルプルになっていました。化粧のりも良くてお肌の状態は絶好調でした。それから毎日続けて使っています。化粧品も大事ですが、お肌は夜に作られるので早寝早起きを心がけるようにして、とにかく肌を乾燥させないようにすることにも注意するようにしました。子供がまだ小さいので、ちふれのオールインワンゲルは私にとって化粧時間短縮にもなり一石二鳥でした。

 

化粧下地にも使えて定価は財布に優しい800円です。とにかく30代になると肌の質が変わって来るので、色々なお手入れをしないと肌の状態が良くならないことを思い知らされました。

 

特に女性なら理解してもらえるかと思いますが、便秘が肌に与える悪影響も実感しています。先ほどにも書いたように子供が小さく完母をしていた私は薬は飲めなかったので知人からお茶をすすめられて飲むようにしたんです。ちゃんとしたのを選ぶために口コミが載ってた便秘に効くお茶ナビなどチェックして買ったのですが、すると肌もお通じも好調になりました。あとはシミやソバカスを増やさないためにも外出する時にはなるべく帽子を被ること、UVカットの日焼け止めを塗ること等基本的な所から始めて、お肌のアンチエイジング対策をしていけたら良いと思います。

豊麗線が気になり始めたら

吉瀬美智子さんのようにとは思わないですが、もう少しスリムになりたいと3ヶ月をかけてダイエットしてみたら、今度は頬が大変な事になってしまいました。いわゆる豊麗線ですが、くっきりと出始めて5歳は老けてみせてしまうので大きな悩みです。

 

私がケアするのに試しているエクササイズとケアの方法をご紹介します。まずは左右対称になっていない豊麗線は顔のゆがみなども原因にあげられるのでエクササイズでケアしています。Webでも検索すると出てくると思うのですが「ほうれい線対策マッサージ」です。

 

まずはじめに、お顔のリンパの流れを整えるツボをプッシュ。その後に表情筋を鍛えるエクササイズを行います。
@口を開けて舌を思い切り前へ押し出します。舌先を上にあげて5秒間キープ。そして元へ戻します。1日に5回くらいしています。
A口を閉じて中で舌を動かしていきます。前歯の前⇒頬⇒下の歯の前⇒頬⇒口の中で舌をぐるぐるゆっくり回転させます。これも1日に5回くらいしています。

 

このエクササイズをすると、顔のむくみなども軽減されて頬やあごのラインがすっきりするので試してみて下さい。また、スキンケアもがんばっています。エイジングケアではランコムの「レネルジーMクリーム」が私のオススメです。この商品の特長は「瞬時にリフティング感覚。3Dメリハリ顔へ」だそうで、なんとも効きそうな言葉ですよね、私はまだ1個目ですがエクササイズと共に頑張ります。

やっぱりまずは保湿が大切

若い頃は本当に綺麗な肌だった私ですが、年齢がかさむにつれて、乾燥が激しくなってきました。そうなるとシワが目立つようになるんですよね。若い頃からずっと同じ化粧品を使っていたのですが、購入するとき店員さんに相談しました。ライトを当てられて肌チェックをしてもらったところ全くの水分不足とのこと。

 

アンチエイジングの美容液と一緒に保湿クリームも少しレベルアップすることにしました。私は知らなかったのですが、もともとキメの細かい肌というのは年齢とともにシワができやすくなるそうです。化粧ノリも悪いのでできればピーリングもした方がいいですよとアドバイスを受けて、毛穴の引き締めのためにも洗顔の前はピーリングジェルで汚れを取るようにし、その後は必ず冷水で肌をひきしめるようにして、さらに基礎化粧品と美容液を塗る時にはなるべく1つ塗った後は1分以上間隔をあけて次を塗るようにしました。

 

エイジングケアをしだして1年くらいになりますが保湿効果で今年の暑い夏も冷房がすごく効いていても突っ張ったりすることがなくなりました。つい先日、また化粧品を購入に行った際、チェックしてもらいましたが肌の奥に潜んでいたシミも少し減っているとのこと。

 

美白対策もエイジング対策もまずは保湿が大切なことだそうです。どんなにいいアンチエイジングのクリームなどを使っても保湿がちゃんとできていないと効果も半減するのだとか。普段より高いお金をかけるんだからやっぱり無駄をなくしたいですのでまずは保湿ですね。